大阪オートキャンプ協会

2017年10月例会 グリム冒険の森 例会報告

今回の「10月例会」は、10月7日~9日に滋賀県蒲生郡日野町の「グリム冒険の森オートキャンプ場」で開催致し、今回は大阪「OAC」8ファミリー・広島「HFCC」8ファミリーの計16ファミリー31名の参加がありました。

「グリム冒険の森オートキャンプ場」は初めて使用する場所でしたが、昨年の「JAC公認インストラクター講習会」でスタッフの方が参加されていたことにより、今回の開催に繋がりました。

電源サイト全サイトとフリーサイトを使用して実施しましたが、電源サイトの区画も広く、又フリーサイトもキャンプ場側の計らいで、一般のファミリーが入らないようロープで区画を確保して頂き、各自思い思いの場所とスペースを確保しつつ設営が出来ていた様です。

一日目は12時過ぎごろから各ファミリーが集まってこられましたが、広島「HFCC」の皆さんは3日前から広島を出発し京都等を観光しながらの到着でした。全ファミリーが到着した16時から「開村式」を行い「井上会長」より挨拶を頂き3日間の「例会」が始まりました。その夜は恒例の「焚火懇親会」を開催し「OAC」「HFCC」各ファミリーが「焚火」を囲み、おつまみ・特産品・お酒等を分け合いながら親睦を深め、あっという間に夜が更けて就寝時間解散となりました。

二日目は「自由行動」の日になっていますが、「HFCC」の皆さんは行動力旺盛で各々が目的の観光地へと出かけて行かれました。後から聞いた話ですが、我ら「OAC」メンバーは「温泉」や「近所の施設散策」程度で遠出する事はなかったようです。

我がファミリーも期間限定で公開していた近江商人の旧豪邸を見学したり、「ガリ版伝承館」で懐かしい「ガリ版」を体験したりして近場で楽しみました。

その夜も「焚火懇親会」を開催しましたが、さながら「HFCC」メンバーの方々の「観光報告会」の様な状態で「伊賀市」まで足を延ばされた方もおられ、土産話が盛り上がる中、用意した「薪」も燃やし尽くし就寝時間解散となりました。

三日目は早めに帰宅される方々もおられましたので、9時に「閉村式」を行い「HFCC今田会長」にも挨拶を頂きました。お土産に「ハローウィンのお菓子」をお配りして3日間の「10月例会」は無事終了いたしました。

今回の「OAC10月例会」では、広島「HFCC」の参加があり「西日本大会」以外での交流が取れましたが、今後は「HFCC例会」にも参加して親睦を深めていければと思いました。

個人的には、24年ぶりに「カヌー」で交流のあった「HFCC」メンバーの方とお会いでき、昔話で盛り上がり再会を誓い合いました。

レポート 久保

ページのトップへ戻る