大阪オートキャンプ協会

大阪オートキャンプ協会とは

2019年大阪オートキャンプ協会は設立49年を迎えます 大阪オートキャンプ協会は、オートキャンプを通じて、オートキャンプの普及と会員の間のコミュニケーションを深めることを目的として結成された団体です。

大阪オートキャンプ協会は、社団法人日本オートキャンプ協会の傘下団体でもあります。

続きはこちら



大阪オートキャンプ協会の歩み

昭和46年(1971) 日本オートキャンプ協会(JAC)傘下都道府県協会 大阪オートキャンプ協会(OAC)として結成 JAC傘下草分け的存在でミズノ株式会社が運営母体となり、直営店等を通じキャンプの啓蒙を計る。今のようなキャンプ場もなく、又、受け入れるキャンパー自身も知識が乏しく事務局担当者の苦労は並大抵ではなかった。「関西ファミリーキャンプ大会」を主軸に活動開始。 ミズノ株式会社社長が当OAC会長を併任。
昭和47年(1972) 第 1 回関西ファミリーキャンプ大会を開催 於:滋賀県マイアミレジャーランドキャンプ場
昭和50年(1975) 大阪オートキャンプ協会として、オートキャンプ普及のため特別に個人会員を募集、現在に至る。

続きはこちら



大阪オートキャンプ協会の規約

第一章 総  則
第1条  (名称)
本会は、大阪オートキャンプ協会(OAC)と称す。
第2条  (構成)
本会はキャンプ愛好者にして本会の趣旨に賛同するものを持って組織する。

続きはこちら

大阪オートキャンプ協会の組織図

役員会
会 長  井上 秀敏
副会長  牧野 孝
会計監査 大野 国晴

続きはこちら

ページのトップへ戻る